都内でのシェアハウスのメリット

近年、都内ではシェアハウスが増えてきています。一人暮らしの初期費用や家賃を抑えたい人、映画やドラマの影響で共同生活に憧れる人や、外国人の多いところで国際交流が語学の勉強をしたい人など、目的は様々です。最大のメリットはやはり初期費用を大きく抑えられることです。ほとんどの場合、初期費用は保証金と前家賃くらいで済みます。契約によっては、退去時に保証金が返金されることもあります。大抵のシェアハウスは個室にベッド、机、エアコンなどが備え付けられています。共同スペースには、テレビや冷蔵庫などの電化製品も揃っているので、自分だけで一人暮らしをするよりはかなり出費を抑えることができるので大変お得です。共同生活の中では、様々な人との出会いがあります。お互いが気持良く、仲良く暮らすためにはきちんとマナーを守ることがとにかく大切なルールです。

都内で人気のシェアハウス

最近、東京都内を中心に「シェアハウス」が増えているらしいです。今まではあまり聞いたことがなかった言葉でしたが、最近ちょくちょくテレビなどで特集されているのを見かけます。シェアハウスの大きな魅力は、家賃が安いことと、色々な方との出会いがあるところなのだそうです。家賃が安い理由としては、各部屋にトイレやお風呂がなく、一つの場所を住民が共同で使うためです。イメージ的には、下宿や寮みたいな感じでしょうか。色々な方との出会いというのは、シェアハウスは学生寮ではないので、学生、社会人、フリーターなど様々な立場の人がいることから、普段なかなか出会えないような人とも話す機会があるという点で、魅力が大きいようです。たしかに、色々な人と接する機会があるということは、自分の世界を広げるためにも重要ですよね。のちの人生にも役に立つかもしれませんよね。人気があるのも納得です。

敷金礼金が無い都内のシェアハウス

東京都内で独り暮らしを始める時には、やはり用意する費用だけでもかなりかかります。そのために近年注目されているのは、シェアハウスになります。メリットとしては、前家賃と保証金だけの物件が多くありますので、それ以上の費用がかからないということがいえます。そして、退去の際には保証金が返ってくることもあるので、何かとお金を取られがちな引越しという面ではかなりのお得感があります。注意しなくてはいけないのは、減価償却となっている物件では保証金が返ってこないということがありますので、トラブルにならないように前もって確認しておくことです。そして、最近では敷金と礼金を取る不動産もありますので、自分で確認することがトラブル回避に繋がります。それでも家賃が10万だとしたら、敷金・礼金がないだけで20万~40万くらいの節約になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*